スマートリッチ投資生活

   2016年1月より引越しました ⇒ 新サイト「賢い投資生活」   ※旧記事はこのサイトで読めます

投資で成功する人はごく一部。恐怖・欲といった"感情"が、資産形成の道を阻む。マネーリテラシーを高める情報入手に努め、株・FX・CFDなど様々な投資、および資産形成を目指します。成功のための「投資本・経済本書評レビュー」「お得なマネー情報」も発信

2024年01月 ≪    1234567891011121314151617181920212223242526272829≫    2024年03月  

今週は激しかった! ~私のトレード状況

今週の相場の動きは激しかったですね7/6(月)~7/11(金)は相場の動きが激しかったですね。・ギリシャ選挙結果「反対」を受けての相場スタート・中国株暴落を受けて、世界株式急落・中国のなりふり構わぬ市場操作政策を受けての急反発ユーロ圏のギリシャは騒ぎの割に反応は薄いこと中国リスクが市場に与える規模の大きさは大きいということをまざまざと見せつけられた週でした。私も今週は久しぶりに、自分のトレードについて記事を...
⇒続きを読む

ギリシャショックよりチャイナショック

いや~、上海総合指数、下げましたね~。6/12につけた高値から3週間強で30%以上の暴落。チャイナショックの影響で、各株式市場は大きく下落。日経平均も本日は午前9時半すぎにこの日の安値となる622円安の1万9115円まで下落。本日はそこから急反発して、前日比プラスの117円86銭高の1万9855円50銭で終了。今週開けはギリシャの選挙の結果が市場に与える影響はどうなるの?とヤキモキしましたが、終わってみれば、そのショックは限...
⇒続きを読む

ギリシャの国民投票を前にギリシャ国債の金利変化を見てみよう

ギリシャの財政緊縮策受け入れという重体な決断を国民に丸投げしたチプラス首相。本日7/5が国民投票日です。29日から銀行が休業。ATMからは1日60ユーロしか引き出せないという生活の危機に直面するギリシャ国民。個人的には、お金が引き出せないという現実を突きつけられ、やっぱり、ユーロ圏にとどまるためにも緊縮策を受け入れた方がいい(賛成)と考えた人、多いと思うのですが、これって、日本人的考えで、ギリシャ人には通用し...
⇒続きを読む

【中原圭介氏相場予測Update】海外投資家はいつ日本株を売ってくるのか

昨日、カリスマエコノミストの中原圭介氏の著書「これから日本で起こること」を紹介しました。その中で、著者は、以下のような予測を立てていました。最終結論として、中原氏は以下のように今後を予測していました。2017年には日本経済が混迷する可能性が十分に考えられるため、GPIFや日銀の買い需要がある2016年のうちにに外国人は日本株を売り始めるのではないか⇒過去記事:円安はどこまで進むのか? ~カリスマエコノミスト 中...
⇒続きを読む

円安はどこまで進むのか? ~カリスマエコノミスト 中原圭介氏「これから日本で起こること」より

カリスマエコノミストの中原圭介氏。これまで長くにわたって著者の本を読んできましたが、経済の大きな流れを非常に的確に当ててきています。そんな中原氏は著書「これから日本で起こること」の中で、ドル円の予測を述べています。円安はどこまで進むのか?  ~日本経済の最大のリスクは黒田日銀の暴走だ2015年の円相場は110円~130円のレンジで収まるのではないかと予測します。追加緩和がないにも変わらず、円安が130円まで進...
⇒続きを読む

Apple Watchがスイスの時計業界に与えた打撃は約2,300億円

スイス時計産業連盟の発表によると、Apple Watchの発売後の5月、スイスの時計輸出額は8.9%、17億円スイスフラン(約2,270億円)もの減少に見舞われたそうです。 これは2009年11月以来、最大の下落であり、特に香港向けの輸出が34%と大きく落ち込んだのが影響しているとか。6月26日には、スイスでもApple Watchが発売予定。さらなる打撃の予感です。さて、若林 栄四著「異次元経済 金利0の世界 ~米国崩壊 世界デフレ 日本復活」に...

⇒続きを読む

本日、豪中銀の政策金利発表で豪ドルはどうなる?AUD/NZDにはパリティ割れにも注目

オーストラリア準備銀行(RBA) の政策発表は毎月第1火曜日。本日、日本時間13:30に発表で、アナリスト分析的には「金利据え置き」でです。昨今、とにかく弱い豪ドル。これまでの相場傾向的には、これだけ下落が続いている場合、「材料出尽くしで反発」いうことになるのですが、昨今は、材料が出てしまった後も、そのままトレンドが継続しがち。もしそうなら、豪ドルドルはAUD/USDは0.75を割り込んでしまう可能性も。短期的に反発...

⇒続きを読む

久しぶりのAUD/NZD記事投稿。久しぶりにチャートをチェックしてみた

つむじ風さんから、オージーキウイAUD/NZDについてコメントを頂きました。ありがとうございます。そこで、久しぶりにAUD/NZDの記事を書いてみたいと思います。AUD/NZDに注目したころを振り返る私が「個人的注目通貨」としてAUD/NZDの記事を投稿していたのが2014年の5~7月ごろ。当時は、2014年5月に過去数年来の最安値付近から上昇を始めたので、歴史的な転換点(長期的なトレンド発生点)にあるのではないかと考え、数回記事を書き...
⇒続きを読む

顧客の負けはFX業者の勝ち

多くのFX取引業者において、7割の顧客は損を出し、金額ベースでも顧客の負けが続くというのが過去の統計。また、カジノと同様に顧客はお金がなくなるまで勝負を続ける傾向を利用してFX業者は利益を得ることを考える。このようなFX業者は、顧客から受けた注文を市場に流さず、業者が取引の相手方となる相対取引とすることにより、顧客の負けを業者の利益としている。自然に顧客が負けるのを待ちきれずに行う「ストップ狩り」と呼ば...

⇒続きを読む

夏枯れ相場が一転、ボラティリティが高い秋相場へ

今週は、4日に開かれたECB理事会で、市場予測に反して、3つの政策金利が引下げ決定。・主要政策金利のリファイナンス金利が過去最低の0.05%に引下げ。・上限金利の限界貸出金利が0.3%に引下げ・下限金利の中銀預金金利を-0.2%に引下げ8月までの夏枯れ相場が一転、9月に入った途端に市場が動き出し、各通貨、トレンドが加速した感じですね。これまで、低ボラティリティが続いていて、なんともやりにくい相場が続いていましたが、今...

⇒続きを読む

年収と食費、衣服費と満足度

総務省家計調査2012によると、年収に対する食費、衣服費(履物含む)の調査結果は以下の通り年収食費衣類~352万円41,538円6,820円~486万円53,738円9,470円~624万円60,950円10,249円~828万円70,628円13,602円828万円~85,617円20,489円収入が少ない人ほど「生きるために使うお金」の割合が高くなる。年収が増えるほど「楽しむために使う」色合いが濃くなる。しかし、だからと言って、お金持ちがハッピーとは限りません。基礎的な...

⇒続きを読む

みなさんに投資に関する質問です!

自分の興味の趣くまま、あるいは、自分の備忘録として日々ブログをつづっています。できれば、より多くの方に興味をもって読んでいただける記事が発信できたらと、考えています。そこで、初めての試みですが、無料アンケートツールを使って、質問です。カンタンな質問が5問だけですので、是非、参加をお願いします!※本アンケートについて本アンケートはマクロミルの無料アンケートツール『クエスタント』を使用して作成しています...

⇒続きを読む

年収分布的に男性20%の年収700万円はリッチといえるか?実際の手取り額は…

年収700万円のサラリーマン。手取りでどのぐらいになるかご存知ですか?家族構成などにより控除額がいくらになるかは変わりますが、520万円程度。一方で、家計の金融行動に関する世論調査 2013年によると、年収500~750万円未満の層の23.2%が「金融資産なし」。つまり4人に1人は入ってきたお金をすべて1年で使ってしまっていることになります。とても、リッチとはいえませんね。しかし、年収分布をみると、男性の8割、男女計では9...

⇒続きを読む

2014年、明けましておめでとうございます

2014年、明けましておめでとうございます。今年も、経済・投資本の書籍、および、マネーリテラシースキルアップに関わる題材を中心に、ブログを綴っていきたいと思います。私の学んだこと、失敗等が、読んでくださる読者様のお役に立てれば幸いです。本年もよろしくお願い致します。▼この記事がお役に立ったら応援の一票お願い致します▼  ...

⇒続きを読む

ドル円、および、日経平均、三角持合から抜けられませんね…

ドル円、日経平均とも6月に高値をつけてからというもの、長期にわたり三角持合が続いていますね。昨日は日経平均が前回高値付近に到達し、いよいよ上抜けるか!と期待したのですが、脆くも反落(T T)一気に円買いに振れ、日経平均先物売りに火がついてしまいました。チャート的には三角もちあいがほぼ最終局面のはずですが、いつものごとく、先物にいいようにやられちゃっている感じです。足元では「進行中の決算発表が下支えになる...

⇒続きを読む