スマートリッチ投資生活

   2016年1月より引越しました ⇒ 新サイト「賢い投資生活」   ※旧記事はこのサイトで読めます

投資で成功する人はごく一部。恐怖・欲といった"感情"が、資産形成の道を阻む。マネーリテラシーを高める情報入手に努め、株・FX・CFDなど様々な投資、および資産形成を目指します。成功のための「投資本・経済本書評レビュー」「お得なマネー情報」も発信

2024年01月 ≪    1234567891011121314151617181920212223242526272829≫    2024年03月  

私が使用しているメインインジケーター(チャート設定)

あなたはFXトレードをするとき、どんな指標・インジケーターを利用していますか?トレンドライン、トレンド系、オシレーター系など、様々ありますが、自分に合った指標を見つけることが大切ですよね。私も最初は実に様々な手法をチャートに表示しました。しかし、指標を探し回っているうちは、利益を出すことはできませんでした。そこで学んだことは、限られた指標を見続け、その指標とチャートの動きの関連性をマスターすること。...

⇒続きを読む

ZuluTrade×FXDDに口座を開いた理由(その2)

昨日の続きです。昨日の重複になりますが、FXDDに口座を開設した理由として優先度が高かったのが「レバレッジ400倍」。高レバレッジはハイリスクという側面を持ちますが、・ドローダウン時の余力を大きくする・(ペッグ水準+若干のオーバーシュート)を加味したドローダウンを計算の上、 同じ資金でも大きなポジションが持てるという利点があります。これだけなら、ZuluTradeと連携する口座を持つ必要はないのですが、それでもあえ...

⇒続きを読む

ZuluTrade × FXDDに口座を開いた理由

昨日の運用方針報告に記載したように、先週FXDDに新たに口座を開設しました。自分の備忘録の意味も含め、FXDDに口座を開いた理由を書いておきたいと思います。まず、新口座で実戦したかった運用は、ペッグ通貨による(USDHKDとEURCHF)息の長い負けない運用です。ペッグ通貨をメインとするなら、ペッグ水準が守られることを前提に、最大ドローダウンは計算が事前計算できるため、無理なロットでのトレードさえ控えれば、口座の資金を...

⇒続きを読む

「1万円しか稼げない配下(自動売買アルゴ)を1万人もつ」という考え方

只今、「億を稼ぐトレーダーたち―日本版マーケットの魔術師たちが語る成功の秘密」という本を読んでいます。先週末のZuluTrade運用の失敗(ZuluTradeの自動売買シグナルトレーダー(SP)の選定において、直近優秀な成績を誇るトレーダーに依存度を高め過ぎたこと)を反省するに当たり、参考になる考え方があったので紹介したいと思います。それは「(システムトレードで)1万円しか稼げない配下を1万人持つ」という考え方。上記考えは...

⇒続きを読む

他人のトレード・成績をのぞき見て、自分のトレードに活かす

通常、知ることの難しい他人のFXのトレード&成績。人の儲けは自分とは全く関係ないものの、気になるものです。ZuluTradeでは、人のトレード・成績をのぞき見出来る仕組み、フォロワーパフォーマンスランキング「ALCHEMY」があり、パフォーマンス公開了承者のトレードをチェックすることが可能です。ZuluTrade利用者なら、zuluランキングと併用して、ALCHEMYの成績上位フォロアーの採用シグナルプロバイダーやロット調整を工夫され...
⇒続きを読む

「コツコツドカン」を耐える!

9/5夜にEURUSDが、前回の安値レベルに到達しました。#キャプチャー時間は9/6真夜中上図は、EURUSDチャート上に前回の高値と安値に赤線を引いたものですが、 前回高値日が7/27 直近高値日が8/29 前回安値日が8/4 直近安値日が9/5となっており、高値、安値とも丁度1ヵ月で元のレベルに戻ってきています。EURUSDが1.40台で止まるのか、もう一段下げて1.38まで下落するのか、正念場のレベルに達しています。ZuluTradeを始めて数ヶ月...
⇒続きを読む

ZuluTradeで自動売買した取引履歴をチャート上で可視化する

ZuluTradeは、腕のよいトレーダー(シグナルプロバイダー:SP)を選びさえすれば、自分がパソコンの前にいなくてもトレードをしてくれるのでとても便利なサービスです。帰宅後、あるいは夜、トレード履歴一覧とチャートを見比べれば、おおよそどのようなポジションで利益を上げたかはチェックできます。しかし、具体的にチャート上のどこで売買をしたのかを、把握しようとすると、かなり厄介な作業が必要で、挫折した経験はありま...
⇒続きを読む

相場変動が激しい時、システムトレードすべきか否か?

先週・今週は、とにかく相場のボラティリティが高い。トレンドの方向に一直線の市場もあれば、トレンドなく行ったり来たりの市場もあるが、とにかくボラティリティが高い。ボラティリティの上昇は、儲けの根源ですが、利益と損失は表裏一体。「天国」か「地獄」です。数週間、自分の中で、重要指標発表や世界経済を揺るがすニュースが飛び交っている時、システムトレードを稼働させるべきなのか、否かが疑問になっていました。調べ...

⇒続きを読む

(続)FXシグナルプロバイダーの「性格」を簡単につかむ私の方法(実践編)

昨日の記事の続編、FXシグナルプロバイダーの「性格」を簡単につかむ私の方法 (実践編)です。まずは、ZuluTradeにアクセスし、分析したいシステムプロバイダーのページを開き、過去の売買データをエクセルで入手します。excelダウンロードのリンクは過去のトレード結果リストの右上にあります。「Excelへのエクスポート」をクリックすると、以下のリストが表示されます。ご自身の分析環境にあったexcelファイル形式(XLSLかXLS)を選...
⇒続きを読む

FXシグナルプロバイダーの「性格」を簡単につかむ私の方法

FXでシステムトレードを行う場合、自分で売買システムをプログラミングする方もいると思いますが、多くの人は、他人が作ったMetaTrader4のEAやFXシグナルプロバイダー提供サービス(ZuluTradeやエコトレFX、シストレステーションなど)を利用する方が大半でしょう。他人が作った売買システムを利用する場合、それが有償であれ、無償であれ、詳細な売買ロジックまで詳細ロジックが公開されていないことはよくあること。そのため、売買...

⇒続きを読む

シストレ活用で裁量トレードの実力をあげる方法

システムトレードで自動売買したい!と思う人の多くは、過去に裁量トレードの経験がある方なのではないでしょうか?以下のようなトレードを通じ、大事な財産を毀損させた経験をお持ちの方も多いでしょう。・自分の決めたルールが守れない・損切りができない・そもそも売買ルールがない。その場の雰囲気で取引・チャートを見ていると、とにかくトレードしたくなるポジポジ病私も過去にそんな経験を持つ一人。現在は、ZuluTradeで自...
⇒続きを読む

SPごとの月間収益比較

前回の記事で、ZuluTradeでシステム自動売買をさせるにあたり、実力のあるSPをどうコントロールするかを考えるに当たり、採用SP6つのSPの収益性、および、安定性を再度考察してみると述べました。採用SPは、以下の通りです。・HighProfitFactor・Forex Cruise Control・AtlanticPiPS・Sharper Trade・Wise trader・FOREXTECHNO - [EURUSD_LT] まずは、収益性についてです。比較のため、月間の獲得Pipsを一覧にしてみました。#クリ...
⇒続きを読む

もう一度、ZuluTradeのポートフォリオを再考する

昨日、ルールを破り、自ら不必要な損失を出すという失態を犯してしまったわけですが、これを教訓に新たに前進するために、目標と投入資金(追加資金)について考えてみたいと思います。これを始めるにあたりまず、実力のあるSPをどうコントロールするかを考えるに当たり、SPの収益性、および、安定性を考えてみたいと思います。これまで採用してきたSPは以下の5つでした。・HighProfitFactor・Forex Cruise Control・AtlanticPiPS・S...

⇒続きを読む

相場激変で損失!反省、そして教訓

昨日は、ギリシャからイタリアへの危機の波及を受け、リスク回避の動きが加速。スイスドル・円買いが起こり、ドル円は、一気に80円を割り込み79.15を付けました。これによりユーロ・ポンドが大きく下落。私の保有ポジションも大幅下落し、多大なる含み損を抱えるに至りました。そして、私はシステムトレードでやってはいけない過ちを犯してしまったのです。資産に対して、含み損が大きくなってしまったため、感情的になり、一部の...
⇒続きを読む

Wise Trader 損失拡大中

現在、ZuluTradeで自動売買を始めて3週間強立ちますが、1回目の試練を迎えています。自動売買中のWise Traderが完全にユーロ、ポンドの下げにはまってしまい、大きな含み損を抱えています(トータル、1000pips以上のマイナス)このシステムは、順調な時の利益は大きいですが、ロスカットが相当ゆるい(少なくとも-500pipsでもホールド)ため、一度マイナスを被ると非常に大きな利益追求のためにポートフォリオの中に含めるのはいいです...

⇒続きを読む