スマートリッチ投資生活

   2016年1月より引越しました ⇒ 新サイト「賢い投資生活」   ※旧記事はこのサイトで読めます

投資で成功する人はごく一部。恐怖・欲といった"感情"が、資産形成の道を阻む。マネーリテラシーを高める情報入手に努め、株・FX・CFDなど様々な投資、および資産形成を目指します。成功のための「投資本・経済本書評レビュー」「お得なマネー情報」も発信

2024年01月 ≪    1234567891011121314151617181920212223242526272829≫    2024年03月  

更に、スイスフランショックをチャートで確認してみた

様々なブログでスイス中銀がフラン対ユーロの上限を撤廃で、資産が吹き飛んだ人、びっくりするほどの利益を得た人、様々のようですね。先のブログにも書きましたが、正直、スイス中銀さんの今回の発表は、金融ヤクザよりひどい。。。過去、ユロスイ上限導入時と同等、或いはそれ以上の為替変動が起きることは容易に想像できる中での発表です。すべてを掌握した上で、突然の発表ですから、ちょっと怖すぎです。さて、せっかく、EURC...
⇒続きを読む

スイス中銀さん、そりゃないよ・・・ スイスフランショックをチャートで確認してみた

先に記事にした通り、スイス中銀がフラン対ユーロの上限を撤廃したことで、世界に激震が走りました。⇒「スイスフランショック」の余波世界に、為替業者が破綻その激震度合をチャートでチェックしてみます。ユロスイ:EUR/CHFをチャートでチェック!それでは、対ユーロでのスイスフラン、通称ユロスイの動きはどのようになっているでしょうか。◆EUR/CHF 週足チャート正直、週足では形状からは衝撃の大きさがわかりません。値幅的に...
⇒続きを読む

「スイスフランショック」世界に波及 複数為替業者が破綻

「スイスフランショック」の余波世界に、為替業者が破綻スイス国立銀行(中銀)が一転してフランの対ユーロ上限を撤廃した「スイスフランショック」の余波が世界的に広がっている。個人投資家が多額の損失を被り、仲介していた為替業者が破綻に追い込まれるなど、当局も対応に乗り出した。影響は銀行大手にも及んでいるもようで、関係筋によると、英銀バークレイズは、数千万ドルの損失を被る恐れがある。個人向けブローカーのアル...
⇒続きを読む

ついに来たか・・・スイス中銀がフラン(EURCHF)上限廃止

スイス中銀がフラン上限廃止、中銀預金金利を一段のマイナスにスイス国立銀行(中央銀行)は15日、スイスフランの対ユーロの上限、1ユーロ=1.20フランを廃止すると発表した。あわせて、中銀預金金利をマイナス0.25%からマイナス0.75%に引き下げた。スイス中銀の発表を受けて、スイスフランは1ユーロ=1.20フランを突破して急伸。一時はおよそ30%も上昇した。スイス中銀のダンティーヌ副総裁は12日、フ...
⇒続きを読む

やっと動いたUSDHKDを無事決済。再びのチャンス到来に備えて仕掛けをしよう!

今年の5月に、中長期的にトレンド転換点にいる通貨として紹介した通貨が2つありますが、覚えていらっしゃるでしょうか?それは、AUDNZDとUSDHKD です。AUDNZDは読み通りの動きとなりましたが、USDHKDはトレンド転換を迎えるどころか、ペッグライン7.75を割り込んだまま動かない状態が長期間続いていました。香港市場が荒れた理由USDHKDは下限が7.75、上限が7.85のペッグ通貨。ペッグ水準近くでポジションを持つことにより、ドロー...
⇒続きを読む

ペッグ通貨USD/HKDの魅力と注意点

本ブログで時々取り上げるペッグ通貨USD/HKD。最近読み始められた読者さんのために、USD/HKDの魅力紹介です。ペッグ制とその魅力ペッグ制とは、異なる通貨間の為替レートを一定に保つ制度。USD/HKDの場合、金融管理局により値幅が7.7500HKD~7.8500HKDに制限。つまり、0.1000(1000pips)しか変動しないよう定められています。つまり、USD/HKDが底値である7.7500付近でポジションを持てば、ドローダウンが極めて小さくて済むというこ...

⇒続きを読む